リレンザでインフルエンザをやっつける

リレンザとはインフルエンザの治療に用いられるお薬です。タミフルがちょっと心配という方はこちらの薬がおすすめです。ところでリレンザとタミフルの違いってご存知ですか?当サイトでわかりやすくご紹介いたします。

リレンザとタミフルの違いを考える女性

リレンザとタミフルの違いとは

リレンザとタミフルはどちらもインフルエンザの治療と予防に使える薬です。インフルエンザウイルスが増殖する際には人間の細胞の中でウイルスが鎖状で繋がって増殖していきます。細胞の中で増えるのも限界があるため、細胞の外に出て他の細胞に感染するためにはこの鎖を切らなければならないのですが、鎖を切る役割をするノイラミニダーゼという酵素があります。この酵素の働きを阻害して、ウイルスが他の細胞に感染しないようにするという仕組みも両者同じです。違いは、内服薬と吸入薬という点です。
リレンザは粉状になっている薬を専用の吸入器にセットして、吸入します。インフルエンザウイルスが増殖する気道に直接薬剤を吸入するため、ウイルスの増殖を抑える即効性が期待できます。しかし吸入薬に慣れていない人が多いためすべての薬剤を吸入しきるのが難しく、特に小さな子供や高齢者、喘息などの気管支系の疾患を持っている人には使用しにくいという面があります。
それに対してタミフルは、内服薬のため誰でも手軽に服用することが出来ます。一度薬の成分が対内に吸収されてから効果を発揮するため、リレンザのような即効性はありません。また、薬の作用が全身に及ぶため副作用が出やすいというデメリットがあります。タミフルでの子供の異常行動があるという報道もありましたが、因果関係ははっきりしておらず、異常行動は治療薬ではなくインフルエンザウイルスによるものだと結論付けられています。
診察を受けた医療機関や医師によっても処方される治療薬は変わってきます。比較的容易に服用できるタミフルの処方が多いようですが、医師と相談して治療薬の処方を行ってもらうようにすると良いでしょう。
また上記で紹介した薬を使ったことがあるのならば、通販の利用もおすすめです。予防投与にも使用出来ますから、事前に準備しておくと病院に行く手間も省けることから通販でインフルエンザの薬を買うこともおすすめ出来ます。