リレンザとはインフルエンザの治療に用いられるお薬です。タミフルがちょっと心配という方はこちらの薬がおすすめです。ところでリレンザとタミフルの違いってご存知ですか?当サイトでわかりやすくご紹介いたします。

リレンザとタミフルの違いを考える女性

インフルエンザとリレンザの湿度管理と出席停止の期間

インフルエンザ感染症は日本では冬場に流行期を迎える感染症です。インフルエンザ感染症はウイルス感染症で、原因ウイルスはインフルエンザウイルスというRNAウイルスです。このウイルスにはA、B、C型の3種類がありますがC型は流行し集団感染を引き起こすことはありません。つまりA、B型が流行の原因ウイルスとなるわけですが、中でもA型は変異しやすく、ワクチンの予測もはずれやすいので流行しやすいと言われています。
インフルエンザ感染症では悪寒、節々の痛み、高熱を伴う症状を引き起こします。インフルエンザ感染症の治療には主にノイラミニダーゼインヒビターという薬が使用されます。これはインフルエンザウイルスの脱殻という動きを助けるノイラミニダーゼという酵素を阻害することで、インフルエンザウイルスが体内で感染を広げることを阻害する薬です。ただ発症後48時間以内に使用しなければ効果が現れないため、インフルエンザ感染症の疑われる症状が現れた場合にはなるべく早めに薬を使用する必要があります。
このノイラミニダーゼインヒビターの中でリレンザは代表的治療薬です。リレンザはノイラミニダーゼインヒビターの中では最初に日本で発売された薬です。リレンザは吸入タイプの薬で1日2回5日間続けて使用します。
比較的即効性のある薬ですが、もちろん予防も必要です。予防のためには湿度管理が重要です。湿度が上昇するにつれてインフルエンザウイルスの生存率は低くなるという研究結果も発表されています。冬の時期にインフルエンザ感染症を予防するためには湿度を50%以上にするといいでしょう。
また出席停止期間に関してですが、インフルエンザ感染症にかかった場合には学校では出席停止の措置がとられます。出席停止の期間は発症後5日以上経過、かつ解熱後3日以上経過が条件となります。発症日は発熱した前日とされています。