リレンザとはインフルエンザの治療に用いられるお薬です。タミフルがちょっと心配という方はこちらの薬がおすすめです。ところでリレンザとタミフルの違いってご存知ですか?当サイトでわかりやすくご紹介いたします。

リレンザとタミフルの違いを考える女性

リレンザは妊娠中であっても5日間使用する必要がある

インフルエンザの治療薬は様々なものがあり、その多くは5日間使用することによってその効果が期待できます。リレンザはインフルエンザの治療薬の1つとして国内では非常に多く使用されており、使用法としては通常1日2回吸入し、これを5日間続けます。妊娠中の方であって使用するというケースは多くあるかと思われます。また、妊娠中の薬に関しては様々な情報があり、困惑する方もいるかもしれません。リレンザについてもこれは同様かと思われます。このようなケースに対してどのように対処するのが最も適切であるかということは難しい問題です。国内でのリレンザの妊娠中の使用に関する安全性は、添付文書において記載されており、安全性が確立していないことを理由に治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与することとされています。しかし、これは処方する医師や医療従事者にとって有益性と危険性を推し量る根拠とはなりえない情報です。そこで、一般には海外の情報を参照することで、具体的な安全性や危険性を推し量ります。米国の情報によると動物実験において有害事象の発生が認められているものの、特段の催奇形性は認められておらず、人においても催奇形性は報告されておらず否定できるものです。このように、リレンザは比較的安全に用いられる薬と認識されており、むしろ妊娠中にインフルエンザの治療を行わないことの危険性の方が高いと考えられるケースがほとんどかと思われます。したがって、妊娠中に医師からリレンザを処方をされ、薬局にてこれを受け取った場合、きっちりと5日間使用する必要があります。なぜなら、有益性と危険性の比較について医師が判断をした上で処方したためです。