リレンザとはインフルエンザの治療に用いられるお薬です。タミフルがちょっと心配という方はこちらの薬がおすすめです。ところでリレンザとタミフルの違いってご存知ですか?当サイトでわかりやすくご紹介いたします。

リレンザとタミフルの違いを考える女性

安い手法での感染対策とリレンザ

冬になると多くの人がどのようにインフルエンザ対策を行うべきかと頭を悩ませます。加湿器を用いて室内の湿度を常に50パーセントに維持したり、手洗いうがいを徹底させたり、手先のアルコール消毒に努めるなどの対策がとられることも多い傾向にあります。しかしこうした手法での対策では、限界があるのも現実です。確かに手洗いうがいや手先のアルコール消毒での感染対策は費用も安いうえに気軽であり、良い対策法と思われちです。しかしこうした安い対策では感染予防に限界があるのも事実です。なぜなら人の体の免疫力自体が低下していると、こうした安い手法での対策では何ら効果を発揮しないと断言できるからです。やはり感染対策として最も効果が期待できるのは体に侵入してきたウイルスに対してどのように抗うことができるかと言うことに尽きると言えます。そこで最も有効なのがあらかじめ体にインフルエンザウイルスを注入し、抗体を作ってしまう予防接種であると言えるでしょう。しかし予防接種には後遺症や他の病気との副作用を懸念する人も少なくありません。すると最も有効な予防対策は、リレンザを用いた対策と言えます。リレンザとは感染してから用いる専門治療薬として有名です。リレンザは肺に侵入してきたウイルスの増殖を抑制する能力に長けていて、多くの人がリレンザでインフルエンザから回復することができています。この治療薬であるリレンザを予防薬として用いることが感染対策として一番有効であり、最も注目を集めるものとなっています。リレンザは吸入薬であり、流行ピーク前に吸入して薬を肺に充満させておけば、万が一肺にウイルスが侵入してきてもそれ以上増殖させることをさせません。そのため高熱などの重篤な症状に見舞われることもなく、予防対策として一番長けているといえます。